作家・作品


千田泰広 /Myrkviðr 

テグス糸で張りめぐらされた巨大空間のなかから発せられた 光を受けて、星空のような光空間が出現します。 ゆっくりと動く光源にともない胎動する光点に取り囲まれ、 そのなかを回遊する宇宙体験型の作品です。


中村哲也 / ペイントフェアリング・5SH 改

実際に打ち上げられたロケットのフェアリング ( ロケットの 先端部 ) を用 いた世界初のフェアリング・アート作品。 中村哲也の手による流線型 装飾が施された仮想ロケットの フェアリングが回収されたという想定の 展示空間となります。


小阪淳 / 宇宙図

宇宙図は宇宙の起源から現代に至るまでを概観できるポスター で す。最新の研究にもとづく宇宙の姿を、私たち人間を中心に して描い たものです。縦横に宇宙の誕生までの「時間の流れ」 と、宇宙の「空 間の広がり」が表現されています。


篠田守男 /GT8215「世阿弥」2017

作品の中央にあるオブジェは、数多くのワイヤーによって 吊り下げら れて、空中に浮かんでいます。 オブジェを浮かせているのは、おもり の重力によるものです。 この作品は、浮遊して自由になってゆく未来 の彫刻です。


開発好明 /開発1号、 開発 2 号、RocketMap

種子島では街のいたる所に、ロケットを象徴するイメージが潜 んでい ます。街のロケットをみんなで探すワークショップを 行い、見つかったロケット情報で地図を作成しています。 中には、秘密の場所にオリ ジナルのロケット開発号が・・・。


森脇裕之 / ペットボトルロケット

空のペットボトルを組み合わせてロケットの形をつくり、 夜はライトアップするオブジェ作品。総合ディレクターの 森脇裕之が 2014 年に制作。老朽化していたものを、 施設とのワークショップで復活させ、設置しました。


宮本和奈 / ミラボン

展示会場の中央に、人が手をかざせる高さに設置された 1台のミラーボール。 鑑賞者が自由に回すことができ、回すと無数のミラーが 反射してまばゆい光の空間が広がります。


筑波大学芸術専門学群デザイン専攻 / 宇宙生活のためのデザイン

生活や環境、コミュニケーションに関わるあらゆるものを対象としたデザインについて学習する専攻。教授の山中敏正を中心としたプロジェクト。筑波大学での演習「宇宙で暮らす人のためのプロダクトデザイン」での提案を展示します。